ゴムナビ ゴムの可能性発見サイト

ゴムナビお問い合わせフォーム
歴史・背景について 性質・種類について 成型・試作について 特殊加工について ゴム材料選定について

ラバーランド FKM特集 EPDM特集 用語集 ゴム検定 京都試作ネット お問合せフォーム Q and A

簡易樹脂型

液状ゴムを型に流し込み、硬化させて製品を作る方法です。

・素材→シリコンゴム・ウレタンゴムに限る

・簡易樹脂型→非金属の素材を使って型を製作する方法

・簡易樹脂型の素材→アクリル樹脂・シリコンゴム・ウレタンゴム

・アクリル型は切削加工・シリコン・ウレタン型は切削ではなく、鋳型で作る作業と工程が似ています。

【メリット】型代が安い・精度が高い・色や硬度の対応が可能材料費や切削コストを抑えることができる

【デメリット】型の取り数に限界・リピート使用に限界・素材の限定