ゴムナビ ゴムの可能性発見サイト

ゴムナビお問い合わせフォーム

ゴムナビ > 性質・種類 > ウレタンゴム(U)

ウレタンゴム(U)

機械特性

ゴムの比重 1.00~1.30
可能なJISの硬さ範囲 10~100
引張強さ(kg/cm2 200~450
伸び(%) 300~800
反発弾性
引裂き強さ ◎~X
圧縮永久歪
耐摩耗性 ◎~X
耐屈曲亀裂性

物理的特性

耐熱性 80
耐寒性 -30~-60
耐老化性
耐オゾン性
耐候性
耐炎性 △~X
ガス透過性(cc.cm/cm2.sec.atm) 2
耐放射線性

電気特性

体積対抗(Ω/㎝、25℃) 109~1012
破壊電圧(V/mil,短時間)
誘電率 60∝

耐油・耐薬品特性

ガソリン・軽油
ペンゼン・トルエン △~X
トリクレン
アルコール
エーテル
ケトン(MEK)
酢酸エチル
有機酸
高濃度無機酸
低濃度無機酸
高濃度アルカリ
低濃度アルカリ

ポリエステルウレタンゴム

製造・種類

  • アジピン酸と多価アルコールの重縮合によって得られるアジペートとジイソシアネートの重付加反応で合成される。
  • 加工面から注入成形タイプ(液状)、ミラブルタイプ(固形)および熱可塑性タイプ(TPU)がある。

特徴

  • 機械的強度が高く、広範囲の物性を持つ製品が得られる。
  • ポリエーテル系と比較して機械的強度は高いが、耐寒性は悪い。
  • 他の性質はポリエーテルと類似している。
  • 加水分解による劣化の問題がある

ポリエーテルウレタンゴム(EU)

化学構造

製造・種類

  • ①ポリ(オキシプロピレン)グリコール(PPG)やポリ(オキシテトラメチレン)グリコール(PTMG)など二官能ポリエーテルとジイソシアネートを反応させて合成される。
  • ②加工面から注入成形タイプ(液状)、ミラブルタイプ(固形)および熱可塑性タイプ(TPU)がある。

特徴

  • ①軟質から硬質まで幅広いゴム製品が得られる。
  • ②機械的性質、耐熱老化性、耐摩耗性、耐化学薬品性など良好。
  • ③耐熱水性に劣る。
  • ④ポリエステル系に比べ、耐寒性やゴム弾性にすぐれるが、機械的強度は劣る。

用途

  • 工業用品(シール、カップリング、ベルト、パッキン、ライニングなど)
  • はきものおよびスポーツ用品(スキーブーツ)
  • 電気部品
  • タイヤ(フォークリフトなどのソリッドタイヤ)