ゴムナビ ゴムの可能性発見サイト

ゴムナビお問い合わせフォーム

ゴムナビ > 性質・種類 > クロロスルホン化ポリエチレン(CSM)

クロロスルホン化ポリエチレン(CSM)

化学構造

機械特性

ゴムの比重 1.11~1.18
可能なJISの硬さ範囲 50~90
引張強さ(kg/cm2 70~200
伸び(%) 100~500
反発弾性
引裂き強さ ◯~X
圧縮永久歪
耐摩耗性
耐屈曲亀裂性

物理的特性

耐熱性 160
耐寒性 -20~-60
耐老化性
耐オゾン性
耐候性
耐炎性
ガス透過性(cc.cm/cm2.sec.atm) 3
耐放射線性 ◯~△

電気特性

体積対抗(Ω/㎝、25℃) 1014
破壊電圧(V/mil,短時間) 600~800
誘電率 60∝

耐油・耐薬品特性

ガソリン・軽油
ペンゼン・トルエン △~X
トリクレン
アルコール
エーテル
ケトン(MEK) △~◯
酢酸エチル
有機酸
高濃度無機酸
低濃度無機酸
高濃度アルカリ
低濃度アルカリ

製造・種類

  • 高圧法ポリエチレンを塩素と亜硫酸ガスでクロロスルホン化して合成される。
  • 塩素含有量によって数種ある。

特徴

耐候性、耐オゾン性、耐化学薬品性が極めて優秀で、特に明色安定性がよい。

用途

電線、ゴム引布、ライニング、ロール、ルーフィング、床タイル等