ゴムナビ ゴムの可能性発見サイト

ゴムナビお問い合わせフォーム

ゴムナビ > 性質・種類 > ゴムスポンジ(発泡ゴム)

ゴムスポンジ(発泡ゴム)

ゴムスポンジ(発泡ゴム)とは

ゴムスポンジは、原料ゴム(天然ゴム、合成ゴム)に有機発泡剤、架橋剤、軟化剤、補強剤を練り込み、密閉された型内で加硫を行いながら発泡剤の分解により独立した気泡ゴムスポンジが作られます。ゴムスポンジの特性は、これらの諸原料ゴムの選択と配合剤の組み合わせで、硬さ等物性をかなりの範囲で調整することが可能。

ゴムスポンジの特徴

反発弾性・・・柔軟なクッションを有し、緩衝材に最適

加工性・・・軽量で粘着加工、打ち抜き裁断が容易

独立気泡スポンジの特徴

非吸水性・・・極めて吸水性が低く、気密・水密性がありシール材として最適

断熱性・・・熱伝導率が低く、保湿保冷材として優れている。

難燃性・耐候性・耐熱性・・・各種要求にあわせてブレンド可能。

連続気泡スポンジの特性

吸水性・・・極めて吸水性が高く、液体を含浸、浸透させることが可能。

洗浄性・・・独特の表面で汚れをかき出す効果に優れている。

復元性・・・高い復元性を有し、繰り返し圧縮、高圧縮用途に適している。

主な用途

車両・船舶・弱電・機械・・・ガスケット・シール材(防塵・防水・防湿・防音)・緩衝材・防振材

土木・建設・・・各種土木建設用目地材、コンクリート伸縮対応パット、床緩衝剤、洗管スポンジ

包装・梱包・・・機密機械、医療用器材、板硝子、家具等、輸送用緩衝材

スポーツ・レジャー・・・ラジコンタイヤ、卓球ラケット、ゴルフマット、衝撃緩衝マット、印判クッション

原料スポンジゴムの種類と特性

●天然ゴム(NRスポンジ)

NRゴムスポンジは弾性、耐摩耗性、耐寒性引張強度や加工性に優れ、動的発熱が小さいなどの特徴があるが、耐熱性、耐油性、耐候性、耐オゾン性が乏しいという欠点もある。そのため、特に耐摩耗性や高い強度を必要とする製品、防振ゴム、大型タイヤなどに用いられる。

●クロロプレンゴム(CRスポンジ)

CRゴムスポンジは中程度の耐油性、耐熱性があり、耐候、耐オゾン性が良好で、一般物理的資質もよいので、耐油、耐候性を必要とする一般工業用ゴム製品に広く用いられる。

●エチレンプロピレンゴム(EPDMスポンジ)

EPDMスポンジは耐オゾン性、耐化学薬品性、耐熱性、電気絶縁性が優れているので、一般工業ゴム製品・電機絶縁用に用いられます。加硫速度が遅いのと、耐油性に乏しい欠点がある。

●ニトリルゴム(NBRスポンジ)

NBRスポンジは反撥弾性や耐オゾン性に乏しい欠点がある。主に、耐油性を必要とする工業用ゴム製品に利用される。

●シリコンゴム(Siスポンジ)

シリコンゴムスポンジはシロキサン結合を骨格とするゴムスポンジで、主に耐熱用に用いられます。この他、耐寒性、耐オゾン性、電気絶縁性が極めて優れているが、物理的強度が低い欠点がある。耐用温度範囲は-60から+200℃。

●スチレンブタジエンゴム(SBRスポンジ)

SBRスポンジはNRと類似性を持つ汎用合成ゴムで、天然ゴムの代用、ブレンドとして使用され、一般工業用、衝撃緩衝材、土木伸縮目地材として使用される。

●連泡スポンジ

天然ゴムから成る連泡スポンジで、他のスポンジ(独立気泡体)とは異なり、吸水性を持ち独特な表面粗さとが相重なって、高い洗浄効果を発揮します。また、独立気泡を持たないことから復元性に優れ、繰り返し圧縮や高圧縮用途に使用される。