ゴムナビ ゴムの可能性発見サイト

ゴムナビとは?
歴史・背景について 性質・種類について 成型・試作について 特殊加工について

ゴム検定 Q and A GomBlog

ゴムナビ > 特殊加工 > シリコーン粘着剤

特殊加工

シリコーン粘着剤

シリコーン粘着剤は、シリコーンの持つ優れた特性である耐熱性、耐寒性、耐水性、 電気絶縁性を備えさまざまな被着体に優れた粘着性を発揮する粘着剤です。 また信頼性の要求される、各種テープや保護フィルムの粘着剤に最適で有る。 シリコーンゴム自体は粘着性が低いため、粘着付与剤成分としてシリコーンレジンが使用されます。 シリコーンゴム成分とシリコーンレジン成分の構成比を変化させることで、必要な粘着特性を得ることが可能で有ります。 さらには、耐熱性を向上させるためには架橋剤(過酸化ベンゾイルなど)などで架橋して使用されます。

また特徴としてシリコーン粘着剤は、一般の有機系粘着剤では困難なフッ素樹脂、ポリイミド、シリコーンゴムなどにもよく粘着します。低温で固くなったり、高温で溶けたりすることがなく、粘着力の変化が少ない製品です。 低アレルギー性であることから、手のひらや足の裏など他の粘着剤の苦手な部位にも高い粘着性を発揮し使用されています。  救急絆創膏等にも使用されており、シリコーン粘着剤は他の粘着剤と異なり、糊があまりべたべたせず、粘着剤がやわらかく流動性を持っているため、皮膚のシワにまで粘着剤が入り込み強い粘着力が得られます。