ゴムナビ ゴムの可能性発見サイト

ゴムナビお問い合わせフォーム
歴史・背景について 性質・種類について 成型・試作について 特殊加工について ゴム材料選定について

ラバーランド FKM特集 EPDM特集 用語集 ゴム検定 京都試作ネット お問合せフォーム Q and A

ゴムナビ > 特殊加工 > 接着 > インサート成型

接着

インサート成型

ゴムと金属をインサートする成形加工方法です。金型に金属を固定し、その周りにゴムを置いてインサートします。このような成型品に別部品を埋め込む場合、成形中のインサート部品の位置を決定しかつ保持するためにインサートピンを金型に立てます。

インサート成型(成形)とは、樹脂成型の方法の1つで、金型内に埋め込み対象であるインサート品を装填した後、成型機に樹脂を注入し、そのインサート品を溶融樹脂で包み込み固化させ、樹脂とインサート品を一体化した複合部品を作る工法です。金型内に埋め込む対象は、いろいろなものがあり、金属・セラミック性のナット、ネジ、ビット、ネット(網)や、通信・電力用の銅線、異なる材料同士をインサート成型する為に樹脂をインサートする場合もあります。最近の工業製品、や自動車内部のパネル等に使用されておりますが、特に小型PCや携帯端末に代表される家電製品は、要求仕様が厳しくなりつつあり、各種部品の軽量化、縮小化、強度アップの要求が高い為、インサート成型(成形)の需要も高くなり要求も上がってきております。

インサート成型のメリットは樹脂の成型の容易性と可溶性、金属の剛性、強度、耐熱性など相反する特性を組み合わせる事で、複雑で且つ丈夫、そして精密な部品を作る事が可能となります、そして、材料の相違による大きな効果には、樹脂の絶縁性と金属の導電性を利用する事で、通信・電力供給に必要なコード類の作成が可能となります。又、異材料を組み合わせる行為自体が、複数の工程であったものを1つにする事で工程の短縮化が見込まれ、納期の短縮、そして、精度の向上、更にそれがコスト削減につながるインサート成型(成形)の効果・メリットが期待出来ます。その他、金属等腐食しやすい材料を樹脂で包み事で、長期的な信頼性の向上も期待出来ます。又、インサートする対象は、金属に限らず、プラスチック、セラミック、ガラス、木材、布、糸、紙など多品種の材料を組み合わせる事も可能です。